酒鬼薔薇聖斗の弟の現在と家族構成が判明!ホームページ開設理由も!

この記事は2分で読めます

sponsored link
Pocket

手記『絶歌』の執筆、ホームページ「存在の耐えられない透明さ」の開設など、出所後も世間を騒がせ続ける元少年A酒鬼薔薇聖斗。なぜ彼は、絶歌で批判をあびたにもかかわらず、ホームページの開設にまで踏み切ったのでしょうか。その理由を彼の性格や状況から予想してみました。また、酒鬼薔薇聖斗の家族構成や年齢、弟たちの現在についてもまとめてみましたのでご覧ください。

sponsored link

酒鬼薔薇聖斗の家族構成

父親(63歳)・母親(63歳)・本人(33歳)、次男(29歳)、三男(28歳)の五人家族です。
事件後、両親は離婚しているので、法律上は現在4人家族ということになります。

酒鬼薔薇聖斗の弟の現在

次男について

サッカーが好きで活発な性格だった次男ですが、事件後学校に通いづらくなり、転校。
その後、母親の旧姓で過ごしたそうです。
学者を目指して大学の工学部に進学し、現在はアニメの学校に通っているそうです。

三男について

転校し、母親の旧姓で過ごす。
その後、高校中退して働いてるそうです。

※いずれもネットの情報なので真偽は定かではありません。
参考:http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/archives/1241598844/l100

ホームページ開設理由予想

酒鬼薔薇聖斗が本名がばれるリスクをおかしてまで、ホームページ「存在の耐えられない透明さ」を開設したのには2つの理由があると考えました。

1つめは、自己顕示欲を満たしたかったからです。彼は当時も警察や神戸新聞社に声明文を送り、その反応を楽しんでいました。また「おにばら」と間違えて呼ばれたことに強く抗議したり、自分のことを「透明なボク」と表現していたことからも、自分の存在を世間にアピールしたいという自己顕示欲がかなり強いことがうかがえます。

2つめは、『絶歌』の販売促進のためです。彼は出版前に「この本は100万部売れる!」と出版関係者に豪語していたそうです。ところが、いざ出版してみると25万部あたりから売れ行きが落ち着き始めました。そこで焦った彼は販促のため、ホームページを開設し世間の関心を取り戻そうとしたのではないでしょうか。

まとめ

酒鬼薔薇聖斗は五人家族だった。
次男(29歳)は大学進学後、アニメの学校に通っている
三男(28歳)は高校中退後働いている
ホームページ開設理由は、「自己顕示欲を満たすため」と「『絶歌』の販売促進のため」と予想

本ブログで紹介したホームページ開設理由はあくまで推測ですが、どんな理由があろうと遺族のことを考えると今回のHP開設には胸が痛みます。
ホームページを開設したことで現在の酒鬼薔薇聖斗の本名が判明するのも時間の問題だといわれているので、はやくその日がきて、それがこういった活動の自粛につながることを切に願います。

関連記事はこちら:酒鬼薔薇聖斗さんに対して有名芸能人達の意見が真っ二つに!肯定派と否定派まとめ!

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。